厳選!山梨県のおすすめ観光・ドライブ・ツーリングスポット10選!

ほったらかし温泉(山梨県山梨市)

ほったらかし温泉は山梨県山梨市に所在する一度は聞いたことがある名前ではないでしょうか。

山の山頂付近にその温泉はあり、富士山を眺めながら露天風呂に入れる絶景で有名な温泉になります。

あっちの湯・こっちの湯というようなキャッチフレーズでどの露天風呂に入っても、視界を遮るものがないため絶景が見れるほったらかし温泉は、温泉ランキングで1位の常連。

ちなみに飲食コーナーもありますので腹ごしらえも問題なし!

舞鶴城公園(山梨県甲府市)

舞鶴城公園は、戦国時代に築城された甲府城跡地にあり、鶴が羽を広げたような城ということから甲府城の別名の一つだとか。

公園内の石垣は築城当時のままになっていますが、ほとんどが復元されたものになります。

あくまでも公園ですので入園料などはかからないことから、ツーリングの際でも気軽に立ち寄って休憩が出来る場所になります。

公園内は、駐車場がありませんが周辺には民間の駐車場が多数あるため駐車も困りません。

立派な石垣があるので城好きにはたまらないスポットです。

ハイジの村(山梨県北杜市)

ハイジの村は、アルプスの少女ハイジの世界が広がる北欧のような雰囲気を感じることが出来るテーマパークです。

都心からのアクセスも良好なことから土日休日には県内外から多くの観光客が訪れる人気のテーマパークになっています。

園内は、チューリップやラベンダーなどの花が咲き誇っており、スイスに旅行に来たのではないかというような気分になります。

北欧料理が味わえるレストランにハイジのグッズが買えるお土産屋さんなど子供連れでも1日楽しめる施設がいっぱい。

入場料金は大人約510円と安いため、もちろんツーリングの立ち寄りにもおすすめ。

忍野八海

忍野八海は富士山の伏流水を水源として出来た池が多数あるパワースポットになります。

その神秘的で美しい景観から観光スポットとしても人気があり多くの人が訪れています。

また水源の水もとても澄んでいることから環境省の名水百選に選ばれるくらいです。

なので、園内では湧き水をそのまま飲むことも出来ますし、専用のペットボトルを購入して持ち帰ることも出来ます

入場料も約300円程と安いので、気分転換に立ち寄るのもいいでしょう。

富士スバルライン

山梨県に来たのであれば、富士山を満喫したいという方には富士スバルラインがおすすめです。

富士スバルラインは河口湖から富士山の五合目を終点とする有料道路で約40分で始点から終点まで辿り着けます。

所々、写真スポットや休憩をしながら景色を楽しむ走り方をするのも良し、ワインディングをハイペースでスイスイ走るのも良し。

またメロディが流れるメロディロードもあるため、飽きのこない道路になっています。

季節、天候によっては通行止めになる可能性があるので、行く前にチェックが必要です。

清泉寮(山梨県北杜市)

清泉寮は、行列ができるソフトクリームで有名な観光スポットになります。

清泉寮は元々、キリスト教布教のための研修施設で、施設内にはレストラン・宿泊施設・教会・記念館などの施設が点在しております。

子供向けのイベントも行われているため、家族連れでも1日中遊べるスポットになります。

入場料は無料なので、気軽に休憩として立ち寄れる施設になります。

笛吹川フルーツ公園(山梨県山梨市)

笛吹川フルーツ公園は、大人から子供まで1日中あそべる公園になります。

公園といっても、園内には絶景スポットに足湯・BBQと様々な施設で自然と触れ合いながらリラックス出来るのがポイントでしょうか。

BBQに関しては手ぶらで気軽に楽しめるのも、またいいですね。

さらに、フルーツ公園との名前だけあって、園内にはさくらんぼやりんごなどの木が植えてあり、もちろんお土産で地元野菜や果物を購入することも出来ます。

他にもレストランや温泉・カフェなどまだまだ紹介しきれないお店がたくさん。

駐車場完備で入場料金は約400円とお手頃なのでツーリングの目的地にいかがでしょう。

八ヶ岳高原ライン

絶景のツーリングロードいえば忘れてならないのが八ヶ岳高原ラインでしょう。

県道11号線であるこの道路は、信号も少なく緩やかなカーブと長い直線で構成されている道路のため、初心者ライダーにはちょうどいい道になっています。

また景色を楽しみながらゆっくり走りたいという方にも、ほとんどが森や林の中だが、たまに視界が開けたときは八ヶ岳が堂々とそびえ立っている。

紅葉シーズンは非常に混み合うので、事前に渋滞状況などは確認しましょう。

通行料金は無料になります。

桔梗信玄餅工場テーマパーク(山梨県笛吹市)

山梨県といえばみんな大好きな信玄餅ですよね。

信玄餅の製造工程を見学することができ、なんと小さなビニールの包装は手作業で行われているのです。

人気コーナーでは、信玄餅の詰め放題がありテレビでも見たことがある人がいるのでは。

何個詰めてもたったの220円とかなりお得ですが、なくなり次第終了なので午前中に早めに行く必要があります。

入場料金は無料となっており、駐車場も完備しておりますが、土日祝日は混雑が予想されますので午前中の早めの時間に行くことをおすすめします。

武田神社(山梨県甲府市)

武田神社は、かの有名な戦国武将武田信玄を祀っている神社になり、躑躅ヶ崎館跡でもあります。

境内には、当時の堀や石垣が現存しており、姫の井戸は延命長寿・万病退散などのご利益があるとしてスポットとしても有名な場所になります。

宝物殿には、武田家に伝わる吉岡一文字の太刀や信玄の軍扇なども展示されています。

武田神社から約3キロ離れた場所には武田信玄の墓所があり、他の大名から一族を守るために埋葬地を秘密にしていたとの言い伝えもあります。

武田神社と合わせて訪れたい場所になります。

鳴沢氷穴

鳴沢氷穴は、延長150m以上の環状式縦穴で国の天然記念物となっております。

4段構造の氷穴は年間平均気温は0度前後とかなりひんやりします。

1年中氷に覆われている幻想的な洞窟内には、氷の壁、氷の池、氷柱などが見れるためとても幻想的なな写真が撮れます。

氷穴は、水が滴りますので雨具の準備が必要になります。