高校生がバイクの免許を取ることに賛成?反対?


公道において、車やバイク、自転車を運転するということは自分の命、他人の命や財産を傷付けないためにも責任が伴います。

特に車やバイクは車体の大きさ、スピードが自転車とは比べ物にならないので、もっと大きな責任がついて回ります。

日本では、原付・中型二輪免許は16歳から取得することが出来ます。

原付免許に関しては、教習所で何時間も実技練習をするという事がなく、免許センター等で筆記試験をある一定の点数をクリアするのみで1日で取得出来てしまうというものになっています。

よって、教習所とは違って道路交通法規を正しく学べない状況にあります。

しかし、筆者自身も16歳で中型二輪免許を取得し、現在もバイクを趣味として楽しんでいることから何に注意をしていかければならないのかいくつか見ていきましょう。

バイクを乗ることは社会勉強になる

バイクに乗るということは、交通という面で社会に出ることになります。

バイクに興味がない人であれば、早くて18歳から車の免許を取りに教習所へと通うでしょう。

しかし、バイクに関しては16歳から免許が取得出来るため、一足早く社会へと出ることが出来ます。

社会に出るという事は、当然大きな責任が伴うという事です。

責任を持った行動を自覚するという教育を早いうちから学べるという事は悪いことではありません。

それに、世の中にはあおり運転などをするドライバーなど色々といます。

そのような人達の中でどのようなことに注意して運転しなければいけないのか、どのような運転が事故に繋がるのか身をもって学べるはずです。

原付免許を取るなら中型二輪

冒頭でも少しお話をした通り、原付免許とは1日で取れてしまう免許になるため、しっかりとした交通ルールは身につきません

さらに、原付は制限速度30キロであり、交差点では二段階右折をしなくてはならないため、交通の流れに乗れないためスピードは出ない分、危険性は増します。

中型二輪免許は400ccまでバイクに乗ることが出来、教習所では技能15時間、学科26時間としっかりとした教育が用意されています。

教習所では、教官がバイクの走り方からバイクの危険性までしっかりと教えてくれるため、正しいバイクの乗り方が身に付くでしょう。

バイクに関しては、卒業試験はなんとなくの運転では合格することが出来ません。

一本橋何秒、スラローム何秒など秒数が決まっており、一本橋は落ちたら試験終了やスラロームはコーンに接触したら減点など厳しい採点があるため本気で取り組む必要があります。

原付免許免許は1万円以下で1日で取得することが出来るため、高校生にとっては取りやすい免許になりますが、自分自身の身を守るため、他人の生命、財産を守るためにも、約16万円と高額ではありますが、中型二輪免許を取ることをオススメします。

任意保険は必ず入ること

バイクに限らず自動車もそうですが、必ず任意保険には入りましょう

高校生であれば色々な責任を取れる年齢ではありませんし、万が一相手がいる事故を起こしてしまった時、任意保険に入っていなければ多大な金額の請求が親に来てしまいます。

それに、バイクの事故というのは車と違って体が剥き出しになっているため、事故によってはケガや最悪の場合死に繋がってしまいます。

自賠責保険というのは限度額が決まっていますし、物損事故の場合は自賠責保険は使えません

まずは他人の財産に迷惑をかけないためにも任意保険は必ず入りましょう。

最近では様々なネット保険会社があるため、安いものでも月々2000円くらいから保険を掛けられます。

それに、バイク保険の場合だとレッカーなどのロードサービスも特約でセットになっているものもあるため、入って損はないでしょう。

心に余裕を持たせるためにも保険は重要なものなのです。

結論「高校生でもバイクには乗っていいと思う」

高校生であろうとバイクに乗る事は決して悪いことではない。

バイクを通して社会のルールなどをいち早く学べる機会でもある。

しかし、バイクに乗る事は自分の命、他人の命、財産を守るという責任が伴ってくるので、しっかりとした保険や交通法規の遵守を本人に理解させる必要があります。

バイクは安全に乗れば決して危険な乗り物ではありません。

16歳からバイクに乗っている私が今このように記事を書けるのも、若い時からそのように自覚してきたからである。