マンション生活で注意すべきポイント(騒音編)


マンションは部屋によっては上下左右が部屋に挟まれている状況にあります。

分譲、賃貸に関係なく騒音には特に注意が必要になってきます。

特に夜間帯などは、下の住人に迷惑がかからないようにと出来るだけ物音を立てないように気を配りますよね。

大型集合住宅に住んでいると近所付き合いもなく、周りにどの様な人が住んでいるのかわからなくなってしまいます。

よって、余計なトラブルに発展しかねません。昨今ではご近所トラブルが原因で最悪の場合事件にまで発展してしまうということもあり、そのようなことになって大変です。

以上のような事にならないためにも今から出来る騒音に関する解決策をいくつか見ていきましょう。


室内での楽器演奏

マンション室内での音楽演奏は以外にも隣接する住人の方に響いてしまいます。

部屋を完全防音にしたとしても、マンションの壁というものは以外にも薄く出来ているので、夜間帯などの周囲が静かな状況では思ったより音が漏れてしまいます。

楽器全般的にマンション室内で演奏することはおすすめは出来ませんが、土日の昼間であればピアノの演奏くらいは許容範囲でしょう。

しかし、隣接の住民に事前にこのような楽器を演奏しますが出来るだけ音を抑えるようにする旨の申し入れをすることを忘れないようにしましょう。

楽器演奏をするのであれば、ヘッドフォンを使用出来る楽器であればトラブル防止のためにもそれを使用するのがいいでしょう。

人、ペットの足音

人やペットの足音というのも以外にも下の階に響いてしまいます。

これが集合住宅において一番と言ってもいいくらいの一番の騒音苦情なのではないでしょうか。

特に、子供や犬は室内を走り回ったりしますので注意が必要です。

そのためにも床を防音にすることが大切なことです。


これは小さいお子さんの走り回る音も防ぐことが出来るので一石二鳥ですね。

この足音も、下の階からすると「ドンドン」というような音に聞こえますので、夜間帯などは特に苦情に発展する要因の一つになります。

だいたい午後10時以降はこのような上層階からの騒音というのは睡眠にかかわることですので、控えたいところになります。

ご家庭によってはこのようなマットが敷けないや敷きたくないという方は、室内スリッパを履くことをおすすめします。

ある程度のクッション性のあるスリッパであれば比較的足音を防ぐ方法の一つになります。

家具にまで配慮を

これも以外にも下の階に迷惑になってしまう騒音の一つになります。

家具といっても特に動かくことの多いのがほとんどの家庭でも食卓の椅子に違いありません。

食卓椅子でもタイヤがついているローラータイプのものであれば、それほど神経質になる必要はありませんが、四本脚のような椅子に関しては床に傷を付けたくないので、持ち上げて移動させますよね。

その際、椅子を少し雑に置いてしまうとちょっとした「ドンッ」という音でも下の階の住宅に響いてしまうことを自覚しましょう。

これくらい大丈夫だろうという音でも下の階の住人からしたら、ストレスに感じてしまうこともあります。

まして、昼夜問わずそのような音が響き続けてしまったら、最悪の場合ノイローゼのような精神的な病に侵されてしまう方もいるそうです。

そのような音の対策にも、家具にはこのような物を活用してみましょう。


椅子の脚カバーでもゴム製のものがありますが、私が色々と試した経験上、布製のカバーの方が防音性においては優れているような気がします。

床の傷防止も出来るので一石二鳥ですので是非試してみてください。