JAF会員に入会するには?お得に入会できる方法をご紹介

JAFってなに?

JAFって聞いたこと見たことありますよね?

そうです、あの青色のレッカー車です。

JAFは一般社団法人日本自動車連盟が正式名称になります。

日本では国際自動車連盟に加盟している唯一の団体で50年以上の長い実績があります。

2020年現在で会員数は約1900万人に達しているそうです。

会員は個人会員と家族会員・法人会員の3種類が用意されています。

全国各地に拠点を構えていることから、日本国内どこでも駆けつけてくれます。

最近ではデジタル会員証といってJAF専用アプリをスマホに入れておいてログインをしておけば、それが会員証の代わりになる便利な機能も出来ました。

私自身、バイクも車も利用しますので、昔からJAF会員としてお守り代わりにしています。

高速道路で自動車を運転中にタイヤがパンクをしたので、過去には一回だけ使用はしたことがあります。

JAFについて少しご紹介していきましょう。

家族会員の注意点

ここで注意が必要なのが、家族のうちの誰かが会員であれば、その場に居なくてもJAFを利用できるわけではありません

個人会員一人につき4人まで家族会員として会員証を発行することが出来ます。

この家族会員はそれぞれに会員証が与えられますので、会員と一緒に車で移動しないのであれば、一人一人が会員になる必要があるということです。

頻繁に車を運転するのであればJAF会員になることをおすすめします。

JAFに入会すると?

JAFに入会すると様々なロードサービス・会員優待を受けることが出来ます。

入会申し込みをすると、仮会員証を発行してくれますので、入会手続きをしたその日から使用出来ます。

会員になればその日からサービスを受けることが出来ますので、車を購入した・免許を取ったなどの節目で会員になれば安心ですよね。

JAF会員優待

会員優待で使える施設は全国で約4万7千ヶ所とかなりの多さからご近所でも使えるのではないでしょうか。

様々なテーマパークや飲食店などにおいて会員証を提示するだけで、100円引などの現金値引きをしてくれますので、使わない手はありません。

さらに、イベント参加やプレゼント応募など様々なうれしい情報がありますので、入会しておくだけでもお得なのです。

JAFは機関誌を年に10回会員に郵送してくれますので、そこにもお得な情報が満載です。

詳細はJAF公式サイトを参照してみてください。

ロードサービス

ロードサービスにいたっては全国どこでも24時間・年中無休で対応をしてくれます。

そして、JAFのすごいところはロードサービスの幅広さではないでしょうか。

車で起こりうるある程度のトラブルに対処してくれます。

下記はJAFの1年間の出動理由になります。

順位 出動理由      割合       
1位 バッテリー上がり38.7%
2位タイヤのパンク19%
3位キー閉じ込め7%

以外にもバッテリー上がりが多いのですね。

もちろん表のトラブルはJAF会員であれば無料で対処してくれます。

他にもこんなトラブルを無料で対処してくれます。

燃料切れ
(高速道路でも昼間帯であれば対応可能)
故障車けん引
(15kmまで) 
落輪
(夜間も対応可能) 
雪道でのスタック
(30分以内の引き出し作業)
異音・異臭
(点検作業)
事故車のけん引
(15kmまで)  

対応可能車両は、車両重量3,000キロ以下の自動車・バイクとなっています。

自家用車であればほとんどが対応可能ということです。

それ以上のトラックやバスもサービスが限られますが対応可能みたいです。

さらに、JAFでは様々な自動車保険会社と提携をしているため、任意保険と並行して使うことによりサービス内容が拡大することをご存知でしょうか?

特に、レッカー作業の距離が自動車保険と合わせることが出来ますので、自動車保険のレッカー可能距離が50kmだとしたらJAFと合わせると65kmにまで拡大するのです。

他にも自動車保険でまかなえまい部分がJAFと合わせることで出来るサービスが増えます。

詳細はJAF公式サイトを参照してみてください。

年会費とお得に入会するには?

JAF会員の年会費についてご紹介します。

1年分   個人会員    家族会員  
入会金2,000円
(自動振替を設定すると-500円)
無料
年会費4,000円
2,000円

さらに、個人会員の場合は新規入会時に2年分・3年分を一括に支払うことにより年会費がどんどんお得になっていきます。

5年分を一括払いすると入会金は無料になります。

しかし、JAFにはもちろん年会費がありますので、この年会費が値引きになったらもっとお得だと思いませんか?

実はJCBとJAFカードが一緒になったJAF・JCBカードというものがあります。

このカードはまさしくクレジットカードとJAFカードが一緒になっているもので、クレジットカードがJAF会員カードにもなります。

お得な部分は次でご紹介しましょう。

このカードのお得なところは?

JAF・JCBカードのお得なところは貯めたポイントでJAF継続年会費が支払えることになります。

JAFに入会し有効期限が間近になると、継続年会費というものが1年で4,000円掛かります。

その継続年会費をこのカードを使用して発生したポイントで支払うという形になります。

私もこのカードは普段の買い物で使用しているため、毎年の継続年会費はポイントで補っています。

ちなみにこのJAF・JCBカード自体の年会費は無料となりますので、持っているだけでもいいかもしれません。