[上司・先輩に向けて]ハラスメントには気を付けましょう。


みなさん部下・後輩と上手く付き合っていますか?

最近ではパワハラやセクハラ、モラハラなど職場でのハラスメントが問題になっていますよね。

いつからこのような言葉が出てきたのでしょうか。

このようなハラスメントは明らかなモラル欠落以外は相手の捉え方によって、こちらが加害者になりかねないのです。

そんな社会の中で部下や後輩との付き合い方に悩んでいる方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

ハラスメントを意識して話すことによって伝えたいことが伝わらなくなってしまいますよね。

部下や後輩との信頼関係がなければいい仕事も出来なくなってしまいます。

そのような悩みを抱えている方に向けた付き合い方を考えていきましょう。

セクハラについて

セクハラはとても注意しなければいけません。

これは完全に相手がセクハラだと思ったらセクハラになってしまうのですから。

特に男性から女性のセクハラは裁判に発展するほどなのです。

その中でも、身体的接触は犯罪にもなり得ますので直ちにやめましょう。

このようなケースで男性にセクハラをした理由について聞くと多くの答えが「自分に興味があると思い触ってしまった。」との理由が多いみたいです。

はっきり言います。

若い女性は上司とどうなりたいとか一切思っていませんからね!

ましてや妻子ある男性と一緒になりたいとは思っていませんよ。

この言葉は肝に銘じてください。

もし異性の部下が上司であるあなたに相談をしてきても、それは男性としてあなたに近づいているわけでなく頼りにされているからだけなのです。

セクハラに関しては、言動のセクハラもとても多いです。

これくらいなら聞いても大丈夫だろうというのがとても危険です。

昔の感覚で安易に女性に対して身体的なこと、プライベートに関することを聞いてはいけませんよ。

そのような話をするのであれば、職場では絶対にやめましょう。

セクハラは男性から女性だけでなく女性から男性というのも成立してしまうので気をつけましょう。

パワハラについて

パワハラとはパラーハラスメントです。

これもまた難しい問題の一つになります。

我々は上司から怒鳴られて厳しく育てられてきましたよね。

その悔しさをバネに仕事を一生懸命覚えて見返してやるという精神でやってきたと思います。

今の時代、ただ闇雲に怒鳴り散らしてはパワハラになってしまいます。ましてや手を出してしまうと一発でアウトです。

じゃあどうやって指導・教育すればいいの?と思う方もいますが、要は人の扱い方を上に立つ立場の人は知っておくことが大切ということ。

怒鳴りつけるということはする側もされる側もいい思いはしませんよね。

間違ったことをした人に対して怒鳴ることは決して悪いことではないと思いますが、その後のフォローがとても重要なのです。

怒鳴った後に「怒鳴って悪かったね」とか一言付け加えられるかがパラハラとの境になると思います。

私がいた会社も体育会系でしたので、怒鳴ったり、頭叩いたりなどはよくありました。

そうやって育った私もついつい後輩・部下に似たようなことをしてしまうことが多々ありましたが、私はしっかりと飴と鞭を使い分けてました。

例えば、厳しく叱った後に何も言わなくていいから缶コーヒーの1本でもあげてみてください。

それだけでも怒られた側はパラハラだなんて騒ぎ立てるような心理にはなりませんよ。

これが上手い人の扱い方ですよ。