おすすめのバイクのスマホホルダーランキング5選!落ちない・防水・ワンタッチ

スマホはバイクのツーリングにも欠かせないものになっています。

ナビに使用したり、インカムでライン通話を使用するにも利用しますよね。

スマホホルダーって使ってみないと何が良いのかわかりませんよね

安さだけで選んでしまうと、脱落などの危険性もありますのでしっかりとしたものを選ぶ必要があります。

これからスマホホルダーを購入される方の参考になればと思います。

第5位 USB電源付きスマホホルダー


USB電源がホルダーに付属しているタイプになります。

スマホをナビかわりにしているとどうしてもスマホのバッテリーが気になってしまいますよね。

USB電源をスマホホルダーと別に取り付けるのが面倒くさい方やスマホホルダーしか取り付けるスペースがないという方にはおすすめの商品になります。

USB電源がちょうどホルダーの裏側に設置出来ますので、あとはバッテリーにプラスとマイナスの線を繋げるだけになります。

バッテリー直ですが、ONとOFFのスイッチも付いているため、使わないときは電源をOFFにしておけばバッテリー上がりの心配もありません。

主な特徴・・4点固定・ボールジョイント・ワンタッチホールド・防水・工具不要で設置

片手でワンタッチホールド出来るのは便利ですが、リリースする際がワンタッチではありませんので注意が必要になります。

しっかりとスマホを固定してくれるので落ちる心配もありません。


第4位 スマホバッグ(マグネットタイプ)

ポーチ型のスマホバッグになります。

ハーレーでハンドル変更をしている車両やハンドルにスマホホルダーを取り付けるスペースがない方にはこちらがおすすめ。

裏側には強力なマグネットでタンクにしっかり付いてくれるので、高速道路でも落下の心配はありません

チャックも雨水が入らないような防水使用になっていますので、防水に対応していないスマホをお持ちの方にもおすすめではないでしょうか。

さらに、スマホだけでなくちょっとした物が入るというところも便利な商品になります。

高速道路の通行券や領収書・小銭なども入れられるので、スマホ以外の用途にも使えます。

主な特徴・・防水・強力マグネット・チャック式・落下防止ナスカン付

第3位 ミラー固定式スマホホルダー

ミラーと共締めして固定する方式のスマホホルダーになります。

ハンドルにホルダーを付けるスペースがない、ハンドルはスッキリさせたいという方にはおすすめになります。

バイクのハンドルって車種によっては取り付けるスペースが限られておりますし、ハンドルの高さ・タンク形状によっては、ハンドルバーに取り付ける式のスマホホルダーが取り回しに影響が出て、使えない場合があります。

この商品は3種類のサイズのワッシャーが付属しているため、ほとんどの国産車に使用ができ、クッションの厚さも3種類付属しています。

主な特徴・・ミラーに共締め・ワッシャー、クッション付属・強力固定

第2位 アルミ製スマホホルダー

アルミ製で出来ているスマホホルダーになります。

ほとんどのスマホホルダーはプラスチック製で出来ています。

見た目のスタイルや劣化などに不安がある方はこちらがおすすめになります。

アルミ製なので錆びる心配もありませんし、長年使えるのも特徴です。

樹脂製と違い、剛性がありますのでブレもかなり軽減出来ます。

ハーレーなどのスタイルを崩したくない方にもハンドルと同色になりますのでいいのではないでしょうか。

装着は、事前にスマホのサイズに合わせて差し込むだけですが、滑り止めがしっかりと機能しますので脱落の心配はありません

主な特徴・・アルミ製・劣化しない・ブレが少ない・スタイル性

第1位 ワンタッチ式スマホホルダー

ワンタッチで設置、取り外しが出来るスマホホルダーになります。

ライダーにとって片手で操作が出来るのは意外に助かることなのです。

それに、スマホを取り付けるたびにグローブをいちいち外すのも面倒くさいですよね。

このスマホホルダーであれば、グローブを外さずに脱着出来ます

取り付ける際は、本体に小さいボタンが付いているので、スマホをそのボタンに押し当てるだけ。

取り外す際は、両サイドに出てるレバーを挟むだけの簡単作業。

4点固定でしっかり固定されるため脱落の心配はありません。

主な特徴・・脱着が片手で可能・4点固定・360度回転

現在、私もこのスマホホルダーを付けていますが、この便利さに慣れると他のホルダーには変えられません!というくらいかなりおすすめになります。