おすすめの冬用・防寒のバイク用グローブ5選!

冬用のグローブってどれにしたらいいのか悩んでいまいますよね。

冬の寒い時期には、指先から冷えてきて、バイクから降りると手が固まってしまう経験をしたことがある人もいらっしゃると思います。

それでも、気温に関係なくバイクに乗ってツーリングを楽しみたいものです。

しっかりと対策をすれば、バイクに季節は関係ありません。

グローブ選びに悩んでいる方がいれば、参考にしてみてください。

スマホ対応グローブ

グローブをしたままスマホが操作出来るグローブをお探しの方ならこれがおすすめ。

スマホをナビの代わりに使用しているライダーは多いと思いますが、信号待ちなどで停車しているときに、グローブをいちいち外してスマホをいじるのは面倒くさいですよね。

さらに、グローブを外しているときに信号が変わってしまったら、慌ててしまい事故に繋がってしまいます。

そんな時に便利なのが、スマホに対応しているグローブではないでしょうか。

ちょっとしたスマホの地図を見るにもいちいちグローブを外す必要もなくなります。

さらに、防水・プロテクション・裏起毛もついていることから防寒対策はばっちり。

あらゆる場面で使用出来るこのグローブは私も愛用しているおすすめ商品になります。

コミネ製電熱グローブ(有線)

ロングツーリングで使用できる電熱グローブをお探しならこの商品がおすすめ。

電熱グローブは充電池式とコードで繋ぐタイプのものがあり、こちらは付属コードでバッテリーから引っ張ってきて電源を確保するタイプになります。

電池式のものだと、日帰りツーリングくらいであれば事は足りますが、ロングツーリングとなると途中で充電がなくなってしまいます。

手袋と電源をコードで接続するので、バイクから降車をする際は取り外す作業がありますが、コード自体も簡単に外れるので手間の掛かるものでもありません。

モードは三段階から選べますし、バッテリーから直接電源を引っ張ってくるコードも付属していますので簡単に取り付け出来ます。

特に、高速道路で巡航する時間が長いツーリングをする方にはおすすめです。

エルク革の本革グローブ

ハーレーやカフェレーサースタイルのバイクに乗っている方にはこちらがおすすめ。

冬でもグローブひとつスタイルに手を抜きたくはありませんよね。

この商品単体では防寒性能はありませんが、鹿の本革を使用しているため、下に薄手のグローブを装着出来るくらい柔らかく馴染むグローブになります。

本皮なのでもちろん防風性能はありますし、皮が丈夫なのに馴染むと柔らかくなりとても使い勝手がいいです。

私は、ハーレーに乗っているときはこのグローブの下に軍手をしていましたが、操作性は全く問題はありませんでした。

耐久性がかなりいいので長期間愛用出来るおすすめのグローブです。

ストレッチ素材のグローブ

防寒性能が高くて使いやすいグローブをお探しの方はこの商品がおすすめ。

防水・防寒・スマホ対応と優れている上に、ストレッチ素材で操作がしやすいというのがこのグローブの特徴。

冬用のライディンググローブはどうしてもゴワついてしまい、レバーやスイッチ類を上手く操作出来なくなってしまいますよね。

このグローブは特に手を握ったり、指を伸ばしたりする部分がストレッチ素材で伸び縮みがするため、安心してライディングをすることが出来ます。

防寒性能も手を抜いてはいないため、冬でも安心して装着出来るおすすめグローブです。

コミネ製電熱グローブ(充電池式)

充電池式の電熱グローブをお探しならこの商品がおすすめ。

コード式の電熱グローブは、バイクに乗車・降車する際にコードを繋がなければなららいという作業がありますが、この商品は充電池式なのでその必要はありません。

グローブ内に充電池を収納するポケットが付いていますので、邪魔になることもなく安心してライディングが出来ます。

モードは3段階から選択することが可能。

電池の持ちも、一番強いモードでも6時間くらいとツーリングで使用する際にも安心です。

冬のツーリングには必須の装備間違いなしです。