パンクしないためにタイヤに気を使いましょう(バイク)

車・バイク記事

パンクを防ぐために

パンクとはタイヤの劣化や空気圧の低下による空気漏れなどによるパンクというものがあるがこれらは日常の点検整備をする事によって防ぐことが出来る。

しかし、ライダーにとって一番気を使わなければならないのが道路上に落ちている釘やネジなどの金属片やガラス片などを踏んでしまい、タイヤに穴が開くパンクではないだろうか。

このようなパンクはほとんどが道路上に落ちている釘などをフロントタイヤが巻き上げて、それをリアタイヤが踏んでパンクするといったケースが多いのです。なので、バイクのパンクというのはリアタイヤの方が多いという事です。

パンクに対する完全な対策というのは戦車のような鉄製のキャタピラーを履くくらいしか現代の技術ではありません。

少しでもパンクのリスクを回避するために行って欲しいのが、道路の端を走行しないという事です。

道路上のゴミというのは道路が中央に向けて膨らんでいるため、端に集まるようになっています。

よって、釘などのパンクを招く落下物というのはほとんどが端に集まるのです。

それと、出来るだけ車が通るワダチを走行するという事です。

このように走り方一つでもパンクのリスクを軽減することが出来るのです。

タイヤはゴム製品のため経年劣化してしまうため、ひび割れはタイヤ交換の目安ですし、溝もスリップサインを日頃から意識しましょう。

パンクした時の対処方法

まずパンクした時の対処ですが、履いているタイヤによって変わってきます。

チューブレスタイヤを履いている場合は釘などが刺さっていても空気が漏れにくい構造になっています。よって、異物を見つけた場合はすぐに取り除くのではなく、空気圧を確認し、低下していなければ速度を落として走行し、バイク屋さんに向かいましょう。

チューブタイヤの場合は、異物を見つけ次第、走行は中止し、パンク修理キットがあればその場で異物を取り除きましょう。

走行中にパンクをし、そのまま空気圧が急激に低下するとスリップして転倒してしまう恐れがあるのでゆっくりと停車しましょう。

パンクしたまま走行をした場合はホイールやスポークが歪んだり、折れたりするのでホイールごと交換で余計な費用がかかってしまうのでやめましょう。

パンク修理キットを準備しておこう

備えあれば憂いなしというように、パンクというのは誰にでも起きる可能性はあります。

パンク修理キットは絶対に携行していて損はない装備の一つになります。パンク修理キット自体もコンパクトで小さいため、ツーリング時にも邪魔にはなりません。

パンク修理も慣れていないと、いざ作業となった時に戸惑ってしまうので、タイヤ交換をする予定があるならば、釘を刺してパンクした状態を自ら作り、練習してみるのもいいでしょう。


タイトルとURLをコピーしました