真冬にバイクに乗る時に特に暖かくした方が良い部分

車・バイク記事


一年を通して夏と冬は特にライダーにとっては過酷な季節ですよね。

車と違って決して快適な乗り物ではありませんし、季節の影響をモロに受ける乗り物です。

しかし、真のライダーならば真冬だってバイクに乗りたいですよね。

流石に、雪が積もっている状態では乗る事をお勧めは出来ませんが、真冬だってしっかりと温める部分をおさえれば寒くてもツーリングを楽しむ事が出来るんです。

あまりバイクに理解がない人からすると、「なんでこんなに寒いのにバイクなんか乗ってるの?」なんて言葉をかける人もいるでしょう。

我々ライダーはバイクに乗ることに意味があって、外が暑かろうが寒かろうがそこに問題はありませんよね。

暑いからバイクに乗らない、寒いからバイクに乗らないというライダーもいらっしゃるかもしれませんが、季節に関係なくバイクに乗りたいという方のために真冬ツーリング時に温めるポイントを書いていきます。

冬は空気が澄んで景色が綺麗だし、天気は晴れが多いからツーリングに向いているんだわん

まずは首元

人間の体の部位で比較的皮膚が薄いとされている一つが首元になります。

冬にバイクに乗るコツとしては出来るだけ肌を露出させない事です。

速度が10km/h出る当たり、体感温度は−1度になると言われています。

つまり、高速道路で100km/hで走っていると、外気温から−10度することになりますので、外気温が10度の場合の体感温度は0度になるのです。

それに、バイクはヘルメットを被っているので、首元との間に隙間がどうしても出来やすいため、そこから首元を通して体を冷やしてしまいます。

せっかくのツーリングで風邪をひいては元もこもありませんよね。

そこで必ずつけておきたいのがネックウォーマーになります。


ネックウォーマーは多少厚みがあるものであればどれでも構いません。

一番大切なのはヘルメットとの隙間を隠すことに意味があります。

これがあるとないでは格段に寒さに違いがあるので、まずは首元から温めましょう。

指先、足先の末端

犬が冬に丸くなって寝るのは、敵からお腹を守る事と足先を冷やさないようにしているんだわん

人間は体の末端が特に冷えやすいです。

特に指先、足先は寒いと耐えられませんよね。

まず、指先に関して。

最近では電熱グローブが低価格になり、利便性も増して使用している方もかなり多いのではないでしょうか。

指先の寒さ対策として一番の効果的な方法はまさしく電熱グローブとグリップヒーターに限ります。


バイクは主に指を使って乗る乗り物ですので、指が寒さで固まってしまったら運転の支障も出てしまいますよね。

電熱グローブにも様々なものがありますが、しっかりと指先まであったまるものを購入しましょう。

中には手の甲だけしか暖かくならないものもありますので、しっかりと確認してから購入しましょう。

次に、足先になります。

足先にも電熱の靴下もありますが、私が経験したところ履きごごちがあまりよくはないので正直おすすめは出来ません。

そこで、足先に関しては靴下を重ね履きするのが効果的ではないでしょうか。

特に一枚は厚手の靴下、一枚は薄めの靴下の方が靴を履くのに支障が出ないでしょう。

足先も冷やしてしまうと、耐えられないくらいになりバイクに乗るのが嫌になってしまうくらいです。

まずは体の先を温める事を忘れないようにしましょう。

以外にも太ももは大切

人間は下半身を温める事が重要であり、特にバイクに乗る時は風を当たりやすい太ももをしっかりと防寒しましょう。

太ももも意外にも寒さを感じやすい部分になります。

足が冷えると全身に寒さが伝わってきますし、トイレにも近くなってしまいます。

薄手でも構いませんのでモモヒキやタイツなどを履いて多少の防寒をするのも冬にバイクに乗るにはおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました