(車・バイク)任意保険の無保険車傷害特約は入っておくべきだ!


任意保険とは自賠責保険でカバー出来ない範囲の保険請求額を補ってくれる事と物損事故い適応出来るものです。

他にも事故の際に役に立つ特約をつける事によって、自分自身の身を守ためにもとても大切なものになります。

誰も車を運転していて事故を起こそうと思う人はいませんよね?

もちろん事故を起こして良いことなんて一つもありませんからね。

しかし、万が一事故を起こした場合、相手が無保険車であった場合どうしますか?

相手がこちらの損害を保証出来ない場合泣き寝入りしますか?

意外にもこのようなケースって少なからずあるのが現実です。

そんな事態に対応するためにこれから少しご紹介していきます。


無保険車両とは

「無保険車両」とはその名の通り何の保険にも入っていない車両・相手になります。

車・バイク(400cc以上)には車検の際に強制保険(自賠責保険)を必ず入らなければいけません。

もちろんこの自賠責保険は強制保険というように必ず入らなければいけないものであり、この保険を更新・加入しないで車両を運行した場合には罰則があります。

しかし、世の中には車検を通さず、または車検の期限が切れていることに気づかずに、この保険にすら入っていない車両があります。

さらに、250cc以下のバイクや原付となると車検がないため、自己管理で自賠責保険の更新をしなければなりません。

そうなると必ず忘れる人も出てくるのです。

さらに、無保険車両にはもう一種類あります。

自賠責保険というのは人身事故(軽傷でもけが人がいる場合の事故)の時にしか使うことが出来ません

物損事故の場合(けが人がいない場合)には自賠責保険が使用できないため、任意保険の適応範囲となります。

これまた任意保険って入っていない人が結構多いという現状はご存知でしょうか?

これは車・バイクに関わらず、「お金がもったいないから自賠責保険があるから任意保険はいらないや」という誤った勘違いで任意保険に入らない人も中にはいます。

任意保険は強制ではないため、必ずしも入らなければいけないものではありませんが、自分・相手の身や財産を守ためにも入っておくべき保険になります。

このような無保険車両との事故をした場合、どのような事が起きるのが次に説明していきます。

無保険車両と事故をした場合は

交通事故には過失の割合というものがあります。

それは、道路状況や運転手の運転方法によってどちらが過失が大きいのかというものが決まってきます。

これらの過失というのは警察が現場検証した資料を元に保険会社が決めるものになります。

保険会社は相手の保険会社と話し合いをし、この事故はこのような過失割合にしましょうと補償額を解決します。

しかし、相手が無保険車両の場合だと保険会社は事故相手と過失・補償額の交渉をしなくてはなりません。

自賠責保険に無加入という事は任意保険ももちろん入っていないでしょう。

もし万が一、無保険車両と事故を起こした場合、「スムーズな事故の解決は望めない」ということを覚えておきましょう。

これは保険会社同士の話であればスムーズにいきますが、相手は保険にも入っていないような人ですので音信不通になる・お金がないと逃げようとするなどの行動を起こします。

なので、もし無保険車両との事故の場合は保険会社が補償してくれる部分は補償を受けれるように、特約に入る必要があるのです。

特約に入っておけば

任意保険会社によって特約の範囲というものは変わってきますので、ご自身が加入している保険を見直してみましょう

もし、現在加入している保険に「無保険車傷害特約」又は似たような内容の特約がなければ、更新時期に他の保険会社に乗り換えるなどの検討をしてみても良いかもしれません。

このような特約に入っておけば、すぐにでもケガの治療費などの保証は保険会社から受けることが出来ます。

そのほかの慰謝料などの請求なども保険会社が進めてくれるので、入っておいて間違いはないでしょう。