[おすすめ]ドライブレコーダーは車と自分を守ってくれる


↓↓記事が良かったと思ったらクリックしてね!↓↓


人気ブログランキング

ドライブレコーダーとは?

皆さんは車、バイクにドライブレコーダーは付けていますでしょうか?

ドライブレコーダーとは車、バイクの走行映像をメモリーに録画し、保存しておけるものです。

ドライブレコーダーはここ数年で飛躍的に設置している車が多くなったのではないでしょうか。

というのも、以前は交通事故といえば必ず揉めるものであり、道路状況や車両の傷の状態から保険屋さんが判断して過失の割合を決めていました。

誰かが映像をビデオに録画しているわけではありませんので、事故の真実というのは事故の当事者しかわからない状態なので、片方が嘘をついたり、覚えていなければ真実が埋もれてしまうのです。

最近では、あおり運転が原因で人の命が奪われると言った悲しい事件もありました。

常に映像を録画しておけば、万が一何かトラブルがあっても証拠となりますし、映像以上の完璧な真実はありません。

近年では、保険屋さんもドラレコの映像を一番に信用しているとのことです。

ドライブレコーダーを設置していれば心にもゆとりが出来るので安全運転にも繋がることでしょう。

どんなのがおすすめ?

ドライブレコーダーと言っても様々な種類が各メーカーから販売されてます。

一昔前のドラレコといえば、ビデオカメラをそのまま車のフロント部分に設置しただけのようなものでした。

しかし、近年では高性能なドラレコがたくさんあり、映像も4kと他の車のナンバーもはっきり写るほどの鮮明な映像が撮れるのです。

交通事故」や「あおり運転」は車の前だけでなく後ろでも起こることですので、車両の前後を録画できるドラレコがおすすめになります。

欲を言うと車両の横での事故も考えられますので、車両の全部分を録画出来るような360度カメラを使用したドラレコが一番望ましいでしょう。

最近のドラレコは前後がセットで販売されいるものが多く出ていますので、前と後ろに一個ずつ付けなくても大丈夫なようになっています。

値段も約1万円から2万円くらいとピンキリでそれなりに良い物は値段も高くなりますが、何回も取り換える物でもありませんので、自身のためにも高性能な物をおすすめします。

取り付け方は?

市販されているドラレコのほとんどがカメラを両面テープでフロントガラスに接着させる物が主流になります。

それに、電源もシガーソケットに挿すだけと難しい配線などの処理はありません。

しかし、ただシガーソケットに挿すだけでは配線があまりカッコ良くはありませんのでピラーなどの内側に隠す作業なども必要になってきます。

シガーソケットも最近の車では標準で付いていない場合などもありますので、このような場合ですとヒューズと言われる車に流れている電気を制御している場所から電気を取り出す作業が必要になってきますので、自身で出来ない場合などはカーショップやディーラーにお願いする方法しかありません。

あまりこのような作業に慣れていない方であれば、工賃もそれほど高くなる作業ではありませんので専門の整備士さんにお任せする方がいいでしょう。

使い方は?

ドラレコにも様々な録画の機能があります。

常に走行状況を録画してくれる常時録画機能、事故などの車両に衝撃がきた瞬間の前後を録画する機能、エンジンを止めた後の駐車中も監視して録画する機能などがあります。

ドラレコは市販されている物ですとSDカードに録画するのが主流ですので、容量の関係もあり事故の瞬間だけ録画される機能がベストですが、あおり運転や他のトラブルなどにも対応できるように私は常時録画に設定しています。

常時録画ですと、常に走行を録画でき、古いデータは自動で削除してくれるのでSDカードの容量を気にする心配はありません。

駐車監視録画ですが、車を毎日通勤や買い物で使用する方には使用しても問題はないと思いますが、週に2、3回くらいしか車には乗らないと言う方にはおすすめはできません。

と言うのも、エンジンを止めたあとも録画しているのでバッテリーの電気を使用し、頻繁に車に乗らない場合はバッテリーが上がってしまう恐れがあるからです。

イタズラなどの防止から監視録画も使用する方がベストですが、あくまでもバッテリーはエンジンが掛かっていないと充電はされませんので注意が必要なのです。

自身と車を守ためにもドライブレコーダーを上手く活用していきましょう。