デグナーの長財布を使ってみての評判、評価


デグナーとは?

デグナーは日本の企業で、京都に本社、店舗を構えている主に革ジャンや財布をはじめとする革製品を取り扱っているメーカーになります。

元々はフルオーダーのレーシングスーツを作成するといったメーカーでしたが、ライダー向けの商品をたくさん展開する企業になります。

デグナーの長財布を使ってみて

私が愛用しているデグナーの長財布になります。

使用期間はまだ半年と非常に短いですが、とても気に入っているアイテムなので少しご紹介していきます。

この財布は定価約1万5千円くらいになります。脱落防止の紐もセットの物になります。

革は牛革を使用しており、使えば使う程味が出てくるのが牛革の特徴になります。しかし、しっかりと手入れをしてやらないと、革がパサパサになったり硬くなってしまうので注意が必要です。

この財布に関して言えば、カード入れがもう少し多ければいいかなと思いました。カードポケットは8箇所ありますが、全てを埋めてしまうと、頻繁に抜き差しがしにくくなります。

革は部品部品がしっかりとしているので、多少の厚みが出てしまいますが、手に馴染むのでそこまで気にはならないと思います。

財布を止めるボタンはデザイン、質感共に満足の出来る作りになっており、重量感もあります。

ウォレットチェーンと財布を結着する金具もしっかりした作りですし、ボタンも程よい硬さで付けられるので、脱落の心配はありません。

ウォレットチェーンもさすがデグナーと言える細かい部分にまでデザインが施されています。

ウォレットチェーンだけでもクオリティーの凄さに満足するでしょう。

デグナーの普段使いは?

私は、ツーリング時にのみこの財布を使用しておりますが、もちろん普段使いにも問題はないと思います。

しっかりとした本革製品であることから、財布自体の厚みはありますが、機能、使い勝手共に普段でもカッコよく決めることが出来ます。

デグナーの製品はいわゆる「アメリカンバイク」のライダー向けの製品が多いですが、革ジャンなどはどのジャンルのバイクでも合わせることが出来ます。

機能性を求めた他のブランドなどの財布に比べると、劣る点が多いかもしれませんが、スタイル、デザインはデグナーはカッコよく仕上がっているので、幅広い年代で使えるメーカーだと思います。

ツーリング時の使い勝手は?

私が所有する財布の使い勝手ですが、やはりライダー用に作成されている財布なので、ツーリング時にはとても使いやすくなっています。

財布を止めているボタンも大きめのが使われていますが、これはグローブをしたままでも開け閉めがしやすくなっています。

そのため、高速道路や有料道路を利用する際のレシートやチケット入れる大きめのスペースがあるのは便利です。

まとめ

デグナーの革製品は長年使えば使うほど味が出てくるものになっていますので、革製品が好きなひ好きな人にはおすすめのものになっています。

普段使いとしては、機能面では劣る部分が多々ありますが、デザイン、スタイルはとてもかっこいい商品ばかりで、人と違うものが欲しい方には合うと思います。