[身近な法律]小学生の息子が万引きをして警察から連絡がありまた。将来に影響ありますか?


「事案」小学生の息子がスーパーでお菓子を万引きしてしまい、お店が警察に通報。警察から息子が万引きをしたから引き取りに来てほしいと連絡があった。将来に影響はあるのでしょうか?

結論。将来の就職などに問題はありません。

日本の法律には14歳未満は刑事責任は問わないとの明記があります。

少年とは,20歳に満たない者を意味し,家庭裁判所の審判に付される非行のある少年は,(1)犯罪少年(14歳以上で罪を犯した少年),(2)触法少年(14歳未満で(1)に該当する行為を行った少年-14歳未満の少年については刑事責任を問わない),(3)ぐ犯少年(保護者の正当な監督に服しない性癖があるなど,その性格又は環境に照らして,将来,罪を犯し,又は刑罰法令に触れる行為をするおそれがあると認められる少年)に区別されます。

検察庁ホームページ

日本では、成人、未成年問わず犯罪を犯し、警察から事件送致をされた場合、その人が過去にどんな犯罪を犯したか調べればわかるようになっています。

万引き事件に関しても、窃盗事件として警察が事件を捜査し、検察庁に送致すればその時点で犯罪歴というものが付随してきます。

今回のケースでは、

小学生という事で、触法少年のため刑事事件にはならないため、警察では息子さんを保護者(親)に引き渡すといった事で終わりになります。

よって、息子さんには何の犯罪歴もつきませんが、重要なのは犯罪が許されるといった事ではありません

少年法というのは、子供が犯罪を犯しても刑務所に入れるのではなく、将来のために厚生させることが目的となっています。

触法少年1 4歳未満の少年は、物事の区別がはっきりとわかっていない年齢でもあるため、ご家庭での教育がとても大切になってきます。

いい事悪い事をしっかりと教えないと、将来また犯罪を繰り返してしまい、取り返しのつかない事になってしまいます。

今回の様な事があった場合、むやみに怒るのではなく、なぜ万引きをしたらいけないのかを子供でも分かりやすく教えてあげましょう。