バイクで一般道の走り方

教習所ではバイクは左側を走るように習いますよね。

確かに左側を走ることによって、対向の右折車に対する回避や道路のワダチを走ることによって、

釘を踏んだりするパンク防止の走り方などのメリットもあります。

しかし、バイクという乗り物は車からはとても見にくい乗り物であることから、我々ライダーも 周りへの存在感のアピールも事故防止の大切な事ですよね。

何よりも一番は通常であれば車と同じく真ん中を走る。交差点侵入時、前に車が走っている時は、 対向右折車回避のため道路の左側を走る。

道路状況によって走り方を変える必要があるため、意外に神経を使う乗り物なんです。

昨今、あおり運転が横行しており、バイクを見下して走る方もいます。

車は日々性能が上がっているのである程度の人が運転出来ますが、バイクの運転には技量が必要になります。

我々ライダーの方から交通の安全を作っていきましょう。